カートをみる 会員ログイン・新規登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
選べるお支払い方法楽天ID決済銀行振り込み・郵便振替・代金引換・コンビニ決済、1ポイント=1円


健康メールマガジン たんぽぽ茶 試供品 モニター
健康食品の定期購入・割引たんぽぽ茶 モニター

「健康プラス」掲載:薬局の現場から


薬局の現場から(薬剤師 西岡敬三)

糖尿病は誤解が多い病気

近年、増加の一途を辿る糖尿病ですが、誤解の多い病気といえます。例えば、血糖値を下げればいいと思っている人があまりにも多いのです。血糖値が下がったから糖尿病が治ったわけではありません。またグリコヘモグロビン値が正常範囲でも、食後血糖値が高いことはよくありますが、これは体がまだ十分な状態ではないからです。薬を飲んでいるから食べてもいいと勘違いしている人もいます。

病院・薬局・家の連携が大切

私は、病院と積極的に連携したいと考えています。病院、薬局、家のそれぞれに役割があり、今はバラバラに動いていますが、患者さんの病気を治すという共通の目的に向かってお互いに協力できることが少なくないと思うからです。
例えば、血液検査をする時にインスリンの量も測ることを提案します。インスリンが出ていなければ、すい臓が弱っているので捕腎しつつ、合併症をおこさないような対策を取る必要があります。
一方、インスリンが出ているのに感受性が悪いためにうまく働いていないのであれば、粘る血液をサラサラにしたり、硬くなった血管をしなやかにするといった環境を整えてあげることができます。

漢方で自然治癒力を高める

漢方を飲んですぐ血糖値が下がるわけではありません。しかし、インスリンが出ているのであれば、薬の量を減らすことが出来ます。対症療法で抑えるのは、暴れる子供の頭を無理に押さえつけているようなもので、いずれどこかで爆発します。同様に、高い血圧を薬で押さえ込んでいると、体のどこかでひずみが出てきます。自分の治る力を引き出すことが大切です。
糖尿病には漢方薬やポリフェノール、赤松葉エキス、タンポポエキス、大麦若葉エキスなどを使いますが、糖尿病を治す公式はありません。患者さんによって症状や生活パターンは違いますし、飲めるものも人によって違います。だから、じっくりと話を聞いて、その患者さんにあったものを勧めています。 ただ早めに対応してほしいというのが本音です。糖尿病と診断されて十年経ってからではそれだけ治りにくくなります。早めのてあてを心掛けてほしいと思います。

後藤診療所・後藤正彰医師のコメント
糖尿病は西洋医学の治療のみで対応するには限界があります。合併症の糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病精神障害に対して、悪化の予防から自覚症状改善まで、漢方が効果的です。某漢方メーカーの研究データによると、牛車腎気丸で神経障害がかなり改善していますし、タンポポが糖尿病腎症と糖尿病網膜症の進行を食い止めることも確認されています。最近、合併症は多くの臓器の小血管病変と関係していることが明らかになり、温陽活血でお血を取る松節が糖尿病の治療に使用できるのではないかと期待しています。西岡先生の糖尿病の臨床実績は、大いに注目に値するべきものであると思います。

にしおか・けいぞう
1988年京都薬科大学卒業後、製薬会社での新薬研究に携わる。1999年に漢方の葵堂薬局を設立。悩みや気持ちまで受け止めてくれると全国から相談が寄せられる。
(有)漢方の葵堂薬局 TEL:0120-789-301 URL:https://www.rakuten.co.jp/aodou/

「健康プラス」掲載:癌を生きる

癌の治療・癌と生きる・自然治癒力を増進【漢方・美容・健康のことなら葵堂薬局】

癌の治療において西洋医学と補完代替療法をうまく組み合わせていくことには大きな価値がある。

癌の治療・癌と生きる・自然治癒力を増進【漢方・美容・健康のことなら葵堂薬局】
豊富な臨床経験を持つ船戸クリニック院長の船戸崇史先生と漢方の葵堂薬局の西岡敬三先生。癌とどのように向き合えばよいのかを語っていただいた。

船戸  船戸クリニックへ来られる患者さんは、ほとんどの場合、手術・化学療法・放射線治療法などを受けられ、その後再発、時には末期の状態になってしまわれた方が多いです。

西岡  癌を宣告された患者さんは、誰もが大変な衝撃を受けます。「癌になれば絶対に死ぬ」という「常識」がはびこっているから、ここまで落ち込ませてしまうのでしょう。

船戸  「再発」という言葉は、時には「癌」という言葉よりも患者さん本人や家族を打ちのめしていることがあります。癌という言葉だけでも「死」という文字が頭をよぎるのに、「再発」という言葉は、重ねて「絶望」が刻まれるのでしょう。
しかし、ここで大切なことは「西洋医学では」という枕詞を忘れているということです。医学には東洋医学、アーユルベーダはじめ伝統医学という幅もあり、病気の予後は決して同じではないのです。

西岡  西洋医学の戦略には、悪者である癌を手術し、その後に放射線を照射して、とどめは抗癌剤で絶滅させるというとても明快なものです。例えれば、初めに大掛かりな空爆を行った後に陸上部隊を投入し、敵を絶滅させるというものです。確かに初戦では華々しい勝利をあげることができるかもしれませんが、国を復興させる発想がなければ破壊し尽くして荒れ果てた国土が取り残されるだけに終わります。癌に対する攻撃は大切ですが、平行して体を守り、自然治癒力を増進する発想は不可欠です。 私は、西洋医学と補完代替療法をうまく組み合わせていくことに大きな価値があると考えています。栄養療法、中医学、民間療法などのいわゆる補完代替療法を、西洋医学ではないという理由だけで頭ごなしに否定する方も少なくありません。しかし、もし西洋医学が栄養や心のあり方をもっと丁寧に汲み取っていれば、数多くのでたらめなやり方がこれほどまでにはびこることはなかったのではないでしょうか。

癌の治療・癌と生きる・自然治癒力を増進【漢方・美容・健康のことなら葵堂薬局】 癌の減少は同じでも、原因も体質も遺伝背景も異なっているから、各々で違う治療法があると考えるほうが自然です。既製服ではなく、オーダーメイドの治療を担うのが補完代替療法です。私は補完代替療法の本質は今の西洋医学に大きく欠けている「栄養」と「心のあり方」を補完することだと考えています。癌で命を落とさないためには、癌細胞の数を増やさないこと、そして正常細胞が十分にその機能を発揮できるように栄養と血流を確保すること、この二点が鍵になります。  その意味では、抗癌剤の副作用として免疫力が低下するということはもっと考慮されるべきではないかと思います。抗癌剤の条件は1.癌細胞が1/2〜1/3に縮む2.その状態が四週間続く3.二割くらいの患者に効果がある、の三点です。

 逆に言えば、癌が完全に消えない上に八割の人には効果がなく、再び癌が大きくなっても、一ヵ月後であれば抗癌剤は効いたけど残念ながらぶり返したということになります。「効く」と「治る」は全く違うということです。  また嘔吐や脱毛以上に、抗癌剤には使えば使うほど免疫力を著しく低下させてしまうという副作用があります。副作用は投与回数が増えるごとに増強され、副作用が抜けていくには年単位の期間が必要です。癌細胞は私たちの体の中で絶えず発生していますが、免疫細胞が癌を芽の段階でやっつけてくれるので、癌が増殖することはありません。しかし、免疫という最大の武器を奪われてしまったら、患者さんはどう癌と戦えばいいのでしょうか。「絶対に負けない」という強い気持ちゆえに無理を重ねる方もおられますが、白血球などのデータが良好でも手足の痺れや動悸がするなど体調が思わしくない時は、決して無理をしないでほしいと思います。

船戸  癌細胞はわがまま勝手な自分さえ良ければいいという集団です。分裂した途端に、たった今まで自分だった片割れの上にのしかかってゆこうとします。元は自分自身の細胞であったのに、なぜそんなことになったのでしょうか。それは患者さん自身の体への無鵜関心が最終的に癌細胞の発現を許したといえます。無関心の反対は「愛」ですから、癌とは「愛欠乏症候群」ですね。 これは、人の世にも似ています。愛されずに育った子供は、皆とは言わなくとも「やくざ」の道に入ります。求めても得られないから、生きてゆくためには「無関心」を装う必要があったのです。最初は「装い」であったはずが、次第に同じ仲間が集まり、徒党を組み集団となっていつしか目に見える「お金」と「暴力」だけが絆である組織となってゆくのです。
 そうなってしまったわが子を説得するには、時間と愛情をかけて心から共感し、説得するしかありません。親だからこそ、過去を悔やみ詫びて、幼い時のその子を脳裏に浮かべながら、ただひたすら「足洗い」を信じることが出来るのではないでしょうか。親だけが持つ「愛」と「信念」です。そして癌といえども元はかわいい自分の細胞だったことを思い出してください。 どんな方法を使ってでも「殺そう」としてきた体の中の癌細胞に、同じ気持ちになれますか。心より「ありがとう」と言えますか。きっとそれが出来れば癌は消えてゆくと思うのです。
たとえ真剣な反省と愛情と信念があっても、「わが子」が気付いてくれるとは限りません。仮に、癌であるわが子が「娑婆」に戻らなくても、反省と感謝と信念は必ず残りの人生を豊かにし、生きがいのある人生へと導いてくれることでしょう。それは、必ずや来世への種となって「わが子」は、きっと恩返しをしてくれることでしょう。
癌は「変わりなさい」を伝えているのです。「今までの生き方、本当のそして本来のあなたじゃないですよ。そろそろ本来のあなたを思いだして、本当の生き方をしましょうよ。あなたはその為に生まれてきたんですよ」というメッセージを送っているのです。
現実として、末期癌ではほぼ99%の方が亡くなられます。これは、体の中の癌細胞に心から感謝し、自らのそれまでの人生を反省し、生き方を変えることが困難であるかを示している数字です。生き方の転換は99%不可能という結果です。でも、そのからくりを知った今、私たちは変わることができます。


西岡  病気とは本来の自分の正しい生きる方向を逸脱してしまった時に「道を間違えてはいけない」と気付かせてくれるものだと思います。癌はある日突然にできた急性病ではなく、毎日の生活習慣から出来る慢性病です。残念ながら特効薬はありませんが、決して不治の病ではありません。その人にあった治りうる手立ては必ず見つかります。

船戸  では、どうやって自分を変えていけばいいのでしょうか。私たち人間は、肉体という目に見える部分と心・精神など見えないエネルギーの部分の二部構成になっていて「人が変わる」とは、この両方ともが変わるということです。
体を変える事は。実は思いのほか簡単です。我々の体は約六十兆個の細胞の集団ですが、これらの細胞は、私たちが口から入れたもの、つまり呼吸した空気と飲んだ水、そして食べた食事によってできています。ですから癌を引き起こした今までの食事を、一度勇気を持って全て変えてみましょう。そして、体に起こる変調を感じてみる。吸った空気を変えるとは、主にタバコですね。当然止める。呼吸法も大切です。笑いも呼吸法の一つです。
癌の治療・癌と生きる・自然治癒力を増進【漢方・美容・健康のことなら葵堂薬局】

西岡  食養生はたいへん重要です。東洋医学では、癌は脾胃が生むものと考えるので、脾胃を丈夫にすることが大切です。できれば手術の前からがよいのですが、手術の後少なくとも一〜三年は栄養療法を受けて食養生することが必須です。生活習慣を改め、きちんと食養生されている患者さんにくらべて、癌になる前と変わらない食生活を続けておられる患者さんはその後の経過に大きな違いが見られます。体重が急激に減少する時は、体力をつけるために紅参、十全大補湯、冬虫夏草、酵素などをすすめることもあります。また、食べすぎで胃腸に負担がかかりすぎると、体の中に正しいエネルギーが巡らなくなり癌の発病につながります。

船戸  そう、食事を減らすということも肉体を変えるために重要な要素です。現代人の食事は食べすぎです。病気を治すためには体に良いものをとらなくてはいけないと思い込んでおられる方もいます。しかし、現代人の食事は食べるものが悪くて病気になるより、よいものでも食べる量が多いことによって病気になっている事の方がはるかに多いのです。 今、仮に癌の末期で西洋医学の先生から「もうすることはない」と言われたとしても、それは間違いです。なぜなら、今日生きる以上、食べなくてはならないからです。それなら、今日から食べる内容と食べ方を変えてみてください。
身体が変わると心も変わってきます。そして、最も変換を必要としているのは実はこの目に見えない心の部分です。感情や意思といった心が各々のライフスタイルを決定し、その結果が体の兆候として現れているのです。大切なのは、癌を許したのは「今までの自分のあり方の全てに問題があった」の可能性があるとまず認めることです。

西岡  働きすぎやがんばりすぎを改めることが治るための第一歩となる人もいるでしょう。原因がわかるのは自分自身で、その人の癌は他人には治せません。
癌は枝葉末節だけを退治しても治りません。根本的な原因を解決しなければいけません。ですから、誰かに何かで「治してもらおう」という受身の態度でいる限り治りません。医者に頼りきって治してもらおうという考えは危険ですが、代替療法しか信じないという態度も賢明ではありません。一つの健康食品を食べるだけで癌が完治するのであれば、どうして次から次へと新商品が出てくるのですか。与えられた薬や健康食品をただ飲んでいるだけで治るほど、癌は甘くありません。お金を払えば命が助かるわけではありません。

船戸  末期といわれても実際に生還している人はいます。99人の癌が消えなくて亡くなれば、99%駄目というのが西洋医学です。末期癌が消えた一人の事実があれば充分です。生還した人は100%癌が消えたのです。そうした人は、実は思いのほか多いようです。そして、そうした人に癌の消し方、病気との付き合い方を学んで実行すれば、たったの1%がまた起きるかもしれないのです。大切なことは希望を持つことです。たとえ、99%駄目といわれようが、人間最期まで分かりません。死ぬまでは生きられるのですから。

癌の治療・癌と生きる・自然治癒力を増進【漢方・美容・健康のことなら葵堂薬局】
ふなど・たかし
1959年岐阜県生まれ。愛知医科大学卒業後、外科医に憧れ岐阜大学第一外科入局。県内の病院にて研鑽を積む。しかし、癌と出会い、癌には(私の)メスでは勝てないと悟り、平成6年岐阜県養老にて開業。
船戸クリニック
岐阜県養老郡養老町船附1344
TEL 0584-35-3335
にしおか・けいぞう
1988年京都薬科大学卒業後、製薬会社で新薬の研究に携わる。1999年に漢方の葵堂薬局を設立。悩みや気持ちまで受け止めてくれると全国から相談が寄せられる。
(有)漢方の葵堂薬局
大阪府堺市東区日置荘西町4丁目36番7号
TEL 0120-789-301

「健康プラス」掲載:葵堂かけはし新聞

暑い夏に溜まった毒をトウガンで解毒する

冬まで保存が可能な夏野菜

夏の野菜ですが、冬の瓜と書くトウガン。冷暗所に吊しておくと冬まで保存できることから、こう呼ばれています。

若いモノは表面にけが密生してカモに似ているので、カモウリと呼ばれることもありますが、完熟すると毛がなくなり、ロウ質の白い粉でおおわれるので白瓜と呼ばれたり、他にも水芝・白冬瓜・地瓜・枕瓜・秋泉など多くの名前が付けられています。

原産地は東南アジアと言われており、現在はアジアの熱帯地方やアフリカ、中国、日本。米国などで栽培されています。

水分が多く味は淡泊です。中国料理や日本料理ではよく使われる食材で、あんかけ、漬物、肉詰め料理に使用されます。

漢方としても重用される

日本では古く奈良時代からある身近な野菜ですが、中国の後漢時代に編纂された医学書である「漢寒論」にその記載があるように、トウガンは漢方としても古くから使われてきました。 以下にその効果の一部を紹介します。




トウガンの利尿効果
トウガンは利尿や便通を促しますので、尿の出が悪い腎臓病の方によく利用されます。トウガンに含まれるナトリウムは100g中1.8mgと少ないので、血圧の高い方にもお勧めです。ナトリウムが少なく、カリウムは尿ですぐに排泄されるので、透析をしている人でもトウガンは食べられます。

足のむくみや妊娠中毒症や肥満にも用いられ、最近はトウガンの痩身効果の研究が盛んに行なわれています。
トウガンの疲労回復効果
カリウムが不足すると、筋肉を動かした時に疲れやすくなります。トウガンにはカリウムが100g中78mgと豊富に含まれています。心臓も筋肉の収縮によって働いており、心臓の機能を助けます。心肥大にもよく使われます。
夏バテ・暑気あたりに
夏は汗をかく量が多くなるので、尿が少なくなります。すると、尿からの解毒能力が低下し、毒素が体内に溜まりやすくなります。トウガンは利尿を促すので夏ばて回復に効果があります。 また、中国では黄菊とトウガンのスープを年一回秋の初めに食べると、高血圧を予防すると言われています。
糖尿病に
トウガンの果肉は糖尿病の治療薬として用いられます。外食の多い糖尿病予備軍の人には特にオススメです。
精力をつける
鯉とトウガンのスープを食すと滋陰壮陽の効果があるといわれています。中国では結婚の際、新郎の親はトウガンと松茸のスープを作って新郎に食べさせ、新婦の親はナツメとピーナツの布団を用意して子供の誕生を願う習慣があります。
喘息や膝の痛みにも
他にもトウガンはさまざまな用途で用いられます。 喘息の時は、トウガンとショウガのスープを飲むと咳が取れます。風邪やインフルエンザの予防にも良いです。 膝の痛みや膝に溜まった水をとるのに、トウガンで湿布をする方法があります。皮がついたままのトウガンを温めて直接膝の上にのせると痛みが取れます。膝だけでなく腰痛にも使えます。
皮や種もムダなく活用
料理をした時に出る皮や種もムダなく使えるので、トウガンは捨てるところがありません。 トウガンの皮には利尿やむくみをとる効果があり、漢方薬としてむくみや排尿障害、腎炎などに使われます。皮を乾燥させてお茶として飲みましょう。量が少ない方、むくみが気になる方にオススメします。 トウガンの種には消炎・排膿作用があり、腸炎や虫垂炎の治療に使われる漢方の大黄牡丹皮湯にはトウガンの種が含まれています。その他にも痰切りや咳止めの効果があります。乾燥させてお茶にして飲みます。

簡単!トウガンスープ!

材料:
トウガン・鶏ガラスープ・ショウガ・塩・そら豆


作り方:
トウガンは皮をむき、短冊状に切る
鶏ガラスープにトウガンを入れ、ショウガと塩で味を整える
茹でたそら豆をトッピングにそえてできあがり♪

「健康プラス」掲載:私と西岡先生

私と西岡先生

「パンパンにむくんだおばあちゃんの足にたまった水が毛穴から出てきたのです。これには驚きました」

漢方の葵堂薬局が開業して間もないころから通っているという大久保喜美さん(仮名)。葵堂には風邪も何もかも家族ぐるみで世話になっているという大久保さんに西岡先生について語ってもらった。

今はおばあちゃんが主にお世話になっています。おばあちゃんは血尿のことで開業医の先生のところに通っていました。狭心症の薬も出ていましたが、三十キロしかない小柄なのに成人の量を処方されていました。一日や二日なら大丈夫ですが、ずっと飲んでいると胃腸をこわして食事ができなくなり、今度はこっちの治療で時間がかかってしまいます。漢方の方がいいのではないかと思い、私が症状を西岡先生に相談して薬を出してもらった所、数日で血尿が取れました。肋骨にひびが入った時も、外科には行きましたが、病院で処方される痛み止めはきつすぎるので、西岡先生に薬をみてもらいました。

おばあちゃんの足がパンパンにむくんでズボンもはけず、夜も眠れない時がありました。西岡先生に出してもらった薬を飲むと、翌日、服が濡れているのです。「何で濡れているんだろう?」と思っていたら、行き場のない足にたまった水が毛穴から出てきたのです。これには驚きました。その後、足はすっと細くなり、おばあちゃんは今も私と息子たちのお弁当を作ってくれています。

西岡先生はおばあちゃんのことをよくわかってくれているので、私が間に入って話をしても、不思議なくらい話が通じて適したものを出してくれます。熱があるのに病院に連れて行くのもかわいそうだし、病院で逆に病気をもらうことも心配だから助かります。

母として子供には害のないものを飲ませたい

長男は中学生の頃から花粉症になり鼻が詰まるようになりました。耳鼻科で処方された薬を飲んでいましたが、眠くなるので高校から西岡先生に出してもらった薬を飲んでいます。花粉症はすぐにおさまり、眠気もありません。短期間ならまだしも、子供が長期的に薬を飲み続けることには抵抗があります。母として子供には害のないものを飲ませたいし、あまり強い薬は飲ませたくありません。

先生に出してもらう薬は効果があるし、おなかに負担がないのがいいです。せっかく病気を治してもらっても、おなかをこわして下痢をしたり、ご飯が食べられなくなるのは嫌ですから。副作用がないのが何よりです。

西岡先生は家族のことをよくわかってくれているという安心感がありますし、話しやすいです。スーパーの袋を腕にかけると右ひじが痛くなるとか、正座をしようとすると膝の後ろが痛むとか、些細なことですが気になることを聞くと「前に渡したあれを飲んでみて」と言われて治ることもあります。

大切な家族の体だからこそ、きちんとしたことを知りたい

「こういうときはお風呂に入っていいか?」といった細かいところまで聞きたいのは、自分では迷ってしまうからです。私は医者でも看護師でもありません。大切な家族の体だからこそ、よかれと思ってしたことでも裏目に出て悪化したらどうしようと思うのです。おばあちゃんにとって私は娘なので、痛いとかそういうことを私には言ってくれます。「おばあちゃんがこう言っていますが、どうしたらいいですか」と相談すると、西岡先生はきちんと説明してくれて心配せんでいいと言ってくれます。おばあちゃんにもきちんとしたことを言っていると思えるので安心できます。わからないことを聞かれて自分で抱えているとストレスになりますから、こういったことを聞いてもらえる相手がいるというのはありがたいことです。

これからは私が世話になることも多いでしょうから、私が年をとっても、違うところに行かないで末永くここで頑張ってください。

にしおか・けいぞう
1988年京都薬科大学卒業後、製薬会社での新薬研究に携わる。1999年に漢方の葵堂薬局を設立。悩みや気持ちまで受け止めてくれると全国から相談が寄せられる。
(有)漢方の葵堂薬局 TEL:0120-789-301 URL: https://www.rakuten.co.jp/aodou/

ページトップへ