不妊とたんぽぽ

不妊とタンポポ

不妊治療にタンポポを使用する

妊娠 妊娠
不妊症とは、「正常な夫婦生活があるにもかかわらず2年以内に妊娠しない状態」をいいます。

これは夫婦の90%以上が2年以内に妊娠するという統計に基づいています。近年、環境ホルモンやストレス、感染症などの影響で不妊症は増加の一途をたどっており、10組に1組が不妊症といわれています。

これまで不妊治療といえば体外受精が一般的でしたが、体と心にかかる負担を少しでも減らすために、自然療法を試みる方が増えています。

元気な精子と卵子のために、自然療法と最新技術を併用する病院や施設も増えており、新しい不妊治療の選択肢として注目が集まっています。

タンポポで脳内のホルモンバランスを調えながら、組織の老化の下人とされている活性酸素を松節(しょうせつ)で取り除くことで子宮内の血流を改善し、着床を安定させます。

不妊治療には多額の費用に加えて感情的なストレスもかかります。
多大なストレスも体に溜まる毒と考えます。
時間はかかるかもしれませんが、慌てずにサポートしてくれる人達と一緒に体質を改善していきましょう。

不妊だけでなく、重い整理痛や月経異常に悩んでいる人もぜひ相談してください。
一緒に良い方法を考えていきましょう。

「月経痛・骨盤痛・不妊」は子宮内膜症の3大症状
子宮内膜は子宮の内側にしかないはずの細胞ですが、この子宮内膜にとてもよく似た細胞が、なぜか身体のさまざまな場所に勝手に発生し、そこで活動してしまうのが子宮内膜症です。

子宮内膜症になると不妊になりやすい?
卵管と卵巣はつながっている臓器と思っている人が多いようですが、実は繋がっていません。
卵管は自由に動いて卵子をキャッチします。
ところが子宮内膜症になると、卵管が周辺臓器にゆ着して動きがわるくなり、卵子をキャッチしにくくなります。またゆ着によって卵管が閉鎖してしまうこともあります。
そのため受精ができなくなると考えられています。

健康相談

たんぽぽ茶についてもっと詳しく見る



| たんぽぽ茶 TOPへ |