卵管閉塞は不妊原因の20%を占める卵管障害

卵管閉塞は女性不妊原因の大きな要因の一つです。

卵管は左右に1つずつ存在し、隣接する卵巣から卵子を受け取り、受精を行う大切な場所です。片側閉塞の場合自然妊娠は可能ですが両側とも閉塞してしまうと自然妊娠は難しく治療が必要となります。卵管が閉塞してしまう主な原因は細菌やウイルス感染による炎症で、炎症を起こさない予防や改善が閉塞を防ぐ最大のポイントとなります。


卵管が詰まる

この記事では卵管閉塞の「概要・原因・治療・予防」の総合知識を皆様にシェアさせていただきます。

1. 卵管閉塞とは

不妊を招く卵管因子の一つで、卵管のトラブルによる不妊は20%にも及ぶと言われています。卵管閉塞とは卵管がつまることで閉塞が起こると物理的に精子と卵子が出会えないので自然妊娠は難しく不妊治療を行う必要があります。

卵子精子出会えない

卵管の役割

卵管は、精子と卵子が出会う大切なセクションです。つまり卵管は新たな命が芽生える一番最初の場所であり、卵巣から排卵した卵子を受け取るという仕事も行います。卵管の中で受精卵となり子宮の方へ移動しながら細胞分裂を繰り返し子宮に着床します。


卵管が詰まる

卵管が詰まってしまうと精子は卵子の元にたどり着けず、卵子も精子と出会うことができません。つまり新たな命を生み出す受精そのものが困難ということなのです。妊活を行う上で卵管閉塞は厄介な不妊要因ですが、卵管が閉塞に至る原因は卵管の炎症だと言われています。

2.卵管閉塞の原因

卵管閉塞の主な原因は卵管で炎症が起こった結果、卵管が塞がってしまうと言われています。卵管に炎症を起こすものは主に細菌やウイルスで、何らかの方法で卵管に細菌が侵入することで「卵管炎」を起こしてしまいます。

ウイルス

卵管炎による閉塞

卵管で起こる炎症の総称を「卵管炎」と言い、種類も複数存在します。多くは細菌による感染が多く近年ではクラミジアによる卵管炎が増加しています。


クラミジア感染症

クラミジアに感染した場合初期症状は現れないことが多く自覚できない場合が多いです。症状の進行に伴い「腹痛・不整出血・おりもの」など体への不調が現れます。クラミジアによる卵管炎を起こすと多くの場合、子宮内膜炎、子宮頸管炎なども誘発することが多いです。

卵管溜水腫

卵管に細菌が感染して卵管炎を起こすと卵管内に膿みや分泌物が蓄積し腫れてしまうことがあります。これを卵管溜膿症と言いますが、ここからさらに炎症が進むと卵管の先にある「採卵管」が閉塞し膿や分泌物が吸収され、水が溜まってしまう症状を「卵管溜水腫」と言います。こうなると採卵管が塞がり卵子を受け取れません。


卵管炎を起こす細菌

卵管炎を起こす細菌は、ほとんどの場合生活習慣を通じて感染します。生活習慣の中では性交渉による感染しやすい物や衛生的に不足した環境で感染する物など多義に渡ります。


淋菌 弱い菌で感染者の粘膜から離れると数時間で死滅する。感染源として性交渉が多いと
言われている。
クラミジア クラミジアも弱い菌で患者の粘膜から離れると死滅します。クラミジアの感染源もほとんどが性交渉と言われています。
大腸菌 大腸内に生息する細菌で、便にも含まれています。排泄時に感染してしまうこともあります。
マイコ/ウレアプラズマ クラミジアとよく似た特徴を持つ細菌で、感染した症状も酷似しています。女性が感染した場合には卵管炎に至る場合があります。

卵管炎が起きやすい環境

卵管炎は感染症を元に発症する不妊に関係する病です。元はといえば細菌による感染が原因であり、感染しやすい環境や状況は「月経時の不摂生・不特定多数との性交渉・人工妊娠中絶・流産・産褥(さんじょく)」が多いです。そして忘れてはいけないことが「感染に至った経緯」と「感染に対する抵抗力」を改善することが大切です。


3.卵管閉塞の治療

卵管閉塞を発症した場合は西洋医学では検査を行い、改善されない場合は外科的処置をとることが一般的です。東洋医学では身体のコンディションを整えることで改善に導きます。

医療機関

病院での治療

検査 卵管障害の主な検査は、卵管造影法があります。子宮内にカテーテル(細い管)を挿入し、子宮内に造影剤を流し込み、超音波やレントゲンで観察します。軽い卵管の詰まりであれば検査を行うことで解消される場合があります。
手術 検査で癒着や詰まりなどの改善が見られない場合、外科的処置が必要になります。多くの場合、卵管の腹腔鏡手術、卵管鏡下卵管形成術などの手術を行います。卵管に水が溜まる「卵管溜水腫」の場合は、水を抜いて体外受精となります。

漢方による治療

漢方薬での卵管因子の治療は主に「身体を整えること」になります。卵管での不具合が起こってしまうのは東洋医学の考え方でいうと体内の循環が滞ることが主な原因だからです。

人の身体は血液や酸素、様々な代謝を起こすホルモンや酵素などの生命活動に携わる因子が循環することで生きているのです。つまり体内を整え身体の循環を適正化することは元気な赤ちゃんを妊娠し出産する上ではとても重要なことなのです。

4.卵管閉塞を予防する

卵管閉塞はウイルスや細菌に感染することで卵管が炎症を起こし発症する病です。卵管閉塞の予防は感染しやすい行動を取らないことと、ウイルスや細菌をやっつける免疫力を高めることの2つです。 生薬""

感染しやすい環境を避ける

卵管炎は細菌やウイルスによる感染が原因で卵管に炎症を起こす病です。ウイルスや細菌に感染しやすい生活環境や習慣を改善することが最大の予防になるのです。近年増加傾向にある性交渉での感染を避けるためにパートナーと共に検査を受ける、そして不特定多数との性交渉を避ける必要があります。そしていつも身の回りを清潔に保つことを忘れないというのも大切なポイントです。


卵管炎を沈静化する

仮に細菌やウイルスによる感染が起こったとしても、身体には免疫力という外敵から身を守る機能が備わっています。感染の原因の一つは体力の低下などで起こる免疫力の低下によることも多いので、免疫力を高く保つというのも重要なポイントです。免疫力を高めるには体温を高める必要があり、体温は漢方による体内循環が整うことで自然と上がっていきます。

以上で不妊原因である卵管閉塞の記述を終えさせていただきます。
不妊や妊活でお困りの場合は、お気軽にご相談下さい。