カートをみる 会員ログイン・新規登録 ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
選べるお支払い方法楽天ID決済銀行振り込み・郵便振替・代金引換・コンビニ決済、1ポイント=1円


健康メールマガジン たんぽぽ茶 試供品 モニター
健康食品の定期購入・割引たんぽぽ茶 モニター

有害ミネラルの不妊に与える影響

不妊 〜 有害ミネラルの不妊に与える影響

「有害ミネラルの不妊に及ぼす影響」についての発表が日本生殖学会(不妊学会)にて行われました。(2008年10月23・24日神戸)
合阪 幸三 先生 (現・医療法人小畑会 浜田病院副院長)他、全国15名の産婦人科医による発表

  • 子宮内膜症による女性不妊は毛髪中水銀・カドミウム濃度が統計学的に高く、これらの有害ミネラルが子宮内膜症に影響を及ぼす可能性が示唆された。
  • 精子数の少ない男性不妊は毛髪中セレン濃度が統計的に低い。セレンは人体にとって必須ミネラルであり、この不足は精子数に影響を及ぼす可能性が示唆された。
  • 研究対象
    日本全国16施設の不妊症患者 女性660例 男性651例
    正常群: 女性161例 男性:147例

次の学会におきまして、同様の発表が行われました。

  • 2008年11月 米国生殖医学会:
    CORRELATIONS BETWEEN HUMAN INFERTILE FACTORS AND HARMFUL TRACE ELEMENTS  合阪幸三 他
  • 2009年4月 日本産婦人科学会:
    男女の不妊要因に及ぼす有害微量ミネラル元素の影響 合阪幸三 他

◆協力医院

  • 小平記念・東京日立病院 合阪幸三 先生
  • 高橋ウィメンズクリニック 高橋敬一 先生
  • 近藤産婦人科 近藤俊彦 先生
  • タマル産婦人科 生川伸二 先生
  • 直原ウィメンズクリニック 直原廣明 先生
  • 市川婦人科クリニック 市川文雄 先生
  • 北村産婦人科 北村凌 先生
  • 中村(哲)産婦人科 中村佐知子 先生
  • 静岡厚生病院 産婦人科 中山毅 先生
  • 市立川西病院 産婦人科 金森崇修 先生
  • 早田医院 早田孝敬 先生
  • ホワイトレディースクリニック 白須宣彦 先生
  • 岡山赤十字病院産婦人科 江尻孝平 先生
  • 谷口病院 産婦人科 鈴木史明 先生
  • 森田産婦人科 森田福栄 先生
  • 赤穂中央病院 福本悟 先生

不妊体質における、有害ミネラルの問題と必須ミネラルの重要性

原因不明の不妊

後天的な不妊体質の要因は環境や食にあるといっても過言ではないでしょう。特に有害ミネラルのカドミウムは日常生活における喫煙・排気ガスから人体に浸入し、水銀はまぐろなど魚介類から摂取されます。一方、妊娠はもちろん人体の代謝をつかさどる必須ミネラル(セレン・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・・・・等)は現代人にとって欠乏しがちです。これらは毛髪ミネラル検査によってわかります。

有害ミネラルの代謝阻害と不妊因子:

ミネラルには、水銀・鉛・砒素・カドミウム・アルミニウムなど有害金属ともいわれる有害ミネラルがあります。これらは必須ミネラルに対抗し、代謝を阻害し、不妊の一因子といえます。

有害ミネラルは例えば水銀はマグロ等の大型の魚介類、カドミウムは喫煙など、通常の日常生活の中で体内に入り込みます。これら有害ミネラルは中毒域のような重度の状況でなくとも、代謝にとっては慢性的な軽度蓄積が問題となります。

例えばカドミウムという有害ミネラルはタバコの煙に多く含まれますが、不妊の原因の一つである子宮内膜症の発症に何らかの影響を及ぼすという発表が上記のようにありました。

過剰の場合、不妊に関与するといわれる有害ミネラルは次の例があります。

  • 子宮内膜症:カドミウム・水銀
  • 精子減少:鉛
  • 流産:鉛

必須ミネラルの役割:

必須ミネラルが関与する、代謝は新しい細胞を作り出したり、活性酸素による細胞の損傷を防ぐ抗酸化物質を造りだしたりする体内の化学反応であり、先に記しました精子や卵子の質、受精、着床後の全ての段階で重要な働きを担っています。

例えば、亜鉛は男性の前立腺に分布し、性ホルモンの合成に関わり精子造りを活発化します。

不足の場合、不妊に関与するといわれる必須ミネラルは次の例があります。

  • 生殖能低下: カリウム・亜鉛・マンガン・クロム・セレン・モリブデン・銅・ヨウ素
  • 精子減少・男性ホルモン分泌低下:亜鉛・ セレン

不妊とミネラルに関する学術発表紹介。

毛髪ミネラル検査の信頼性

必須ミネラルの慢性的な欠乏や有害ミネラルの慢性的な過剰は毛髪に現われます。これは毛髪を構成するシスティンというアミノ酸が体内のミネラルを捕まえてくるためです。血中の必須ミネラルは時間により測定値が変化し、過剰・欠乏の判定がしずらく、かつ、有害ミネラルは中毒域にならないと検出しずらいという問題があります。

毛髪ミネラル検査を活用した論文や学会発表は数多くなされており、その信頼性が確立されています。

毛髪ミネラル検査受検後の対処

検査受検後は毛髪ミネラル検査結果表が提供され、受検された方の良好な体質造りにおいて、補給すべき必須ミネラルや食材・献立についてアドバイスされます。また有害ミネラルが高レベルの場合は、排出を促す必須ミネラルや他の栄養素・食材情報が提供されます。さらに専門の管理栄養士による、お電話での無料カウンセリングサービスも行っています。

その他「ミネラルと不妊」に関する学術発表例

現代人は、大気・水・食物汚染や偏食、食品添加物、タバコなどにより体内が汚染され、有害ミネラルの蓄積と必須ミネラルの減少が多く見られます。それらと不妊との関連が有識者より指摘されております。

※不妊と有害ミネラル関連他の発表

表題:タバコに含まれる有害物質:カドミウムとヒト子宮内膜脱落膜化に及ぼす影響
東京大学医学部 産婦人科 提 亮 先生ら8名による発表 結論:
■ タバコの有害物質であるカドミウムはヒト子宮内膜脱落膜化を促進した。正常より早期に脱落膜化を起こし、 子宮内膜の受容能低下に関与する可能性が示唆された。
  • 実験動物でマンガン欠乏は、性衝動の喪失、精液欠如、輸精管の退化を起こす。
  • セレン欠乏も、動物実験では不妊と関連していた。
  • 亜鉛不足は、動く力のない、役に立たない精子の原因となる。
  • 鉛は男性をインポテンツにさせることがあるし、男女両性の生殖能力を妨害する可能性がある。
  • 喫煙は、性の力と精子の産出を減退させる。
  • 女性の喫煙は流産の危険性を増大させ、小さい赤ん坊を産む。
  • 動物とヒトにおけるヨウ素欠乏は、不妊や胎児・新生児死をともなう。
  • マンガン欠乏では発情期の異常ないし欠如、妊娠率や出産児数の低下、精細管変性、精子欠如、不妊など生殖能障害が種種の動物で観察される。
  • ラットやモルモット、家畜の銅欠乏症では不妊となる。銅欠乏ラットは流産し、家畜の銅欠乏症では発情期が遅れるかまたは発現しない。
  • SoltanとJenkinsによれば不妊症の女性48名は妊孕性のある女性35名よりも血清中銅濃度が低く、ヒトでも銅欠乏が不妊症を起こす可能性がある。
  • 銅は種々の酸化還元反応を触媒する酵素(スーパーオキシドジスムターゼ(SOD))の構成成分となっている。スーパーオキシドジスムターゼ(SOD)の欠乏は不妊に関与している
  • 鉛は生殖毒性を有し、実験動物において精子数の減少、精子運動能の低下および形態の異常をもたらす。最近、精子形成の過程でDNAに結合するたんぱくであるプロタミンP2が鉛に結合することによりそのDNA結合能が低下し、生殖毒性に関与するという報告がなされている。
  • マンガンの生理作用しては、生殖能への関与が報告されている。

参考書:

  • 『栄養・ビタミン療法』マイケル・レッサー著 ブレーン出版より
  • ミネラル事典 糸川嘉則 朝倉書店
  • 健康と元素 千葉百子・鈴木和夫 南山堂